ASMR録音にオススメのマイクまとめてみた!これであなたもYouTuber!

icatch0017

ケンタ

ASMR動画を視聴していたら、なんか自分でもASMR動画を作ってみたくなったんだけど、オススメのマイクってある?

セリカ

こういった疑問に答えます。
記事のテーマ
ASMR録音にオススメのマイクまとめてみた!これであなたもYouTuber!

ASMRが好きな人は「自分でもASMR動画を作ってみたい!」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

同時に「でも、特殊で高価なマイクが必要なんでしょ?」とも思っているでしょう。

でも、実は全然そんなことないんです。マイクの種類によってはビックリするくらい簡単にASMR動画を作れちゃいます。

セリカ

タイプ別にまるっと紹介しますので期待してください!

記事の信頼性

私は2014年頃からASMRにハマっています。毎晩YouTubeでASMR動画を漁りまくっていたら、勝手に詳しくなってしまいました。

今までに少なくとも2,000本以上のASMR動画を観てきましたし、いくつかバイノーラルマイクを所有しているので、わりと信頼性は担保できていると思います。

読者さんへ前置きメッセージ

この記事は、「自分でASMR動画を作ってみたいけれど、どんなマイクを購入したら良いのかわからない」っていう方に向けて書いています。

私がバイノーラルマイクを購入した時に欲しかった情報を思い浮かべながら記事を書きますので、この記事を読めば、きっと自分にあったマイクが見つかると思います。

それでは最後までお付き合いください。

  バイノーラルとは

マイクを選ぶときの最初のステップは、「バイノーラル」という言葉の意味を知ることからだと思います。

ケンタ

たしかに動画のタイトルに「バイノーラル」って書いてあったりする!

これは、「バイノーラル方式で録音しました」という意味なんです。じゃあ、「バイノーラル」ってなに?と思いますよね。

「バイノーラル」とは人間が左右の耳から聴く音を忠実に再現した録音方式の事です。

ケンタ

それってステレオってことじゃないの?

「ステレオ」というのは、マイクを2つ使って録音する方式のことです。マイクを1つしか使わない「モノラル」よりは左右の音の広がりを感じることができます。

「左右の音」と言われて察しがつく人もいると思いますが、ステレオ録音は、スピーカーで聴くことを想定した録音方法なんです。

これに対して「バイノーラル」は「頭」「耳」などで音波が反射されるのを考慮しつつ、ヘッドフォンやイヤホンで聴くことを想定した録音方式のことです。

ヘッドフォンやイヤホンで聴くことで、まるでその場に居合わせたかのような「臨場感」や「没入感」を感じることができるのが「バイノーラル」です。

「ステレオ」でも、ある程度の臨場感は再現できるので、ASMRtistの中には「ステレオ=バイノーラル」と思っている人も多いのですが、実はちょっと違うんですよね・・・

  マイクの種類と特徴を知ろう

ひと口に「マイク」と言っても、さまざまなタイプがあります。

その中で、ASMR動画に利用されているマイクはだいたい4つのタイプに分けられます。

  • イヤホンタイプ
  • ダミーヘッドタイプ
  • 簡易ダミーヘッドタイプ
  • 通常マイクタイプ

では、それぞれのタイプ(通常マイク以外)の特徴とオススメをご紹介します。

  イヤホンタイプ

文字通り、イヤホンの形をしていて、実際に耳に装着して録音することができるタイプのマイクです。

「人が聴く音を再現する」という意味においては、理にかなった形と言えます。

ケンタ

あっ!つまりバイノーラルってことだよね?!

セリカ

そのとおり!

価格もわりと安価で、とっても手軽にバイノーラル録音ができるので人気が高いです。

でもイヤホンタイプにも欠点があります。

  • 装着している人の呼吸音や脈動音が入ってしまう場合がある
  • ダミーヘッドのような埋め込み型マイクよりは音の再現度は低い

私が持っているものも含めて、オススメを3つ紹介します。

SENNHEISER 「AMBEO Smart Headset」

AMBEO Smart Headset

「AMBEO(アンビオ)」は、ドイツの音響機器メーカー「SENNHEISER(ゼンハイザー)」の製品です。ゼンハイザーはヘッドフォンやマイクが有名で、音楽制作現場や映画制作現場などで使われる、いわゆるプロ向けの商品を主に製造しているのですが、コンシューマー向けにリリースした耳掛け型イヤホンが「AMBEO Smart Headset」なんです。

装着した人が聴いた音をそのまま記録できるバイノーラル録音が行なえるのはもちろんですが、このイヤホンの最大の特徴は、iPhoneのイヤホン端子(Lightning)に直接接続して、カメラアプリでビデオ撮影をすると、音と映像がマッチした「ASMR動画」が簡単に撮れちゃいます!

ケンタ

え?!マジで?!そんな簡単なの?!

セリカ

専門知識は一切必要ありません。誰でも撮れます。

ネル

ネルにもできそうニャ!!

実際に「AMBEO Smart Headset」で撮った動画がYouTubeにアップされていました。

ケンタ

凄い臨場感!

お値段はちょっとお高めで、¥33,000~¥38,000くらいです。

SENNHEISER ゼンハイザー / AMBEO SMART HEADSET バイノーラルレコーディング用マイク

でも高性能なリモコンも付属していて、普通のイヤホンとしても使えるし、装着したまま周りの音も聞ける「Transparent Hearing」にも対応していているので、妥当なお値段だと思います。

Scenes LIFELIKE

Scenes_LIFELIKE01

「LIFELIKE(ライフライク)」は中国の音響機器メーカー「Scenes(シーンズ)」の製品です。シーンズは2014年に設立されたばかりのベンチャー企業です。

このイヤホンの最大の特徴は、先ほど紹介した「AMBEO Smart Headset」と同じで、iPhoneのイヤホン端子(Lightning)に直接接続することができる点です。

日本では、有名なASMRtistの「hatomugi」さんが紹介したのをきっかけに、一気にメジャーになって、ASMRtistたちがこぞって「LIFELIKE」を購入しました。

お値段は、¥12,000前後くらいでリーズナブルです。

セリカ

実は、私も購入しました。

「LIFELIKE」とiPhone6で撮った動画がYouTubeにアップされていました。

ケンタ

ボーカルの声がすぐ左から聞こえる!

セリカ

音と映像がマッチしていて心地よい臨場感よね!

ネル

きれいなおねえさんのおへそニャ!

「hatomugi」さんの動画も是非ごらんください。(オプション品のイヤホンスタンドを使っています。)

ケンタ

スタンドに装着するとASMRtistの動作も観られていいね!

私も実際に使ってみましたが、カメラアプリを立ち上げて、メニューを「ビデオ」に合わせて、録画ボタンを押すだけなので、とっても簡単。

Scenes Lifelike イヤホン VRレコーディング バイノーラル録音 iphone専用 ASMR リモコン付き アプリ不要

これからASMR動画を撮ってみようと思っている人の入門機としては断然オススメです。

 

Roland CS-10EM

cs-10em

日本の大手電子楽器メーカー「ローランド」の製品です。ASMRに利用されているイヤホン型マイクとしては一番有名かもしれません。

ローランドはシンセサイザーが有名ですが、それ以外にもスピーカー、エフェクター、ミキサーなど様々な電子機器を販売している老舗メーカーです。

実際に「CS-10EM」で撮ったものがYouTubeにアップされてしましたのでごらんください。

ケンタ

うわー実際に街を歩いているみたいだ!

セリカ

私も唸るくらいの臨場感!まさにバイノーラル!

お値段は¥8,000~¥10,000円くらいなので、かなりお求め安いです。

ただし、「CS-10EM」で録音するには「レコーダー」が必要になります。つまり、先に紹介した「AMBEO Smart Headset」「LIFELIKE」のように、iPhoneに接続できないんです。

cs-10em04

また、「音声」と「映像」を別々に撮ることになりますので、最終的に二つのデータを編集によって一つに合成する作業が発生します。

なので、ビギナー用としてはちょっとハードルが高いかも知れません。

  ダミーヘッドタイプ

「ダミーヘッド」とは人の頭部を再現した模型の両耳に、高性能なマイクを埋め込んだものを言います。

「バイノーラル録音」とは、本来はダミーヘッドを使ったものを指しています。

しかし、ダミーヘッドは非常に高価なため、ASMRのために気軽に買えるものではありません。

そこで、安価な「イヤホン型マイク」や「簡易ダミーヘッドマイク」のタイプが販売され、ASMR録音に広く使用されるようになりました。

ダミーヘッドで有名なものを2つご紹介します。

Neumann KU-100

ku100

「Neumann(ノイマン)」はドイツの音響機器メーカーです。コンデンサーマイクやスピーカーは、長年にわたって世界中のミュージシャンに愛用されています。

「KU-100」はとっても有名なんですけれど、お値段が¥1,000,000前後なので、正直に言ってASMR録音で使っている人はあまりいません。

ケンタ

ひゃ、ひゃくまんえん?!

登録者数が多い有名なASMRtistは「KU-100」を使用している人も何人かいるようですが、なぜか皆さん使用頻度がとても低いんです。

理由はおそらく3つあります。

  • ダミーヘッドに向かってささやく映像はちょっと不気味
  • 簡易型ダミーヘッドと音質や臨場感がほぼ変わらない
  • 単純に高価なマイクなので無茶なことして壊したくない

ASMRは音だけではなく、映像もセットで楽しむ傾向がありますが、ダミーヘッドに向かってささやいたりする動画は、結構シュールですよね。

しかも、ASMR初心者からすると、ちょっと不気味に見える可能性が高いので、新しいファンを獲得しにくいのかもしれません。

ただし、ASMRではなくアダルトの場合は別です。もしかしたら、ダミーヘッドのほうが映像的に刺激が強いのかもしれませんね。

ASMRはアダルトとは違うということについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

icatch001奇妙なフェチ?ASMRとは?三度の飯よりASMR好きな私が意味を解説する

また、後で紹介しますが、20分の1の金額で購入できる「簡易型ダミーヘッド」と比べて、音質や臨場感はほとんど変わらないというのも理由のひとつでしょう。

NEUMANN ノイマン / KU100 ダミーヘッドバイノーラルステレオマイク

イギリスの有名なASMRチャンネル「WhispersRed ASMR」で「KU-100」を使用した動画がありました。

 

Binaural Enthusiast B1-E

b1-e

出典:http://binauralenthusiast.com/

「Binaural Enthusiast」はポーランドにある音響機器ブランドです。直訳すると「バイノーラル愛好家」になることからも分かるとおり、代表のPawel Dobosz(パウエル・ドボス)さんは、ご自身もASMRtistとして、YouTubeでASMRチャンネル「Deep Ocean of Sounds」を持っています。

ご自身がASMRtistだけあって、彼の作った製品はとても人気があり、多くのASMRtistが「B1-E」を使っています。

お値段はアダプターと内蔵マイクのセットで¥75,000円前後です。ダミーヘッドとしては、かなりお安いと思います。

「Deep Ocean of Sounds」からいくつか人気のあるASMR動画をご紹介します。

耳かき(ear cleaning)

ケンタ

あーすごくリラックスして眠くなる・・・

理髪店(barber shop)

セリカ

バーチャル理髪店系ではトップレベルのクオリティーです。

有名なASMRtist「ASMRMagic」でも「B1-E」を使った動画がアップされていました。

 

注意
ダミーヘッドマイクで録音するには、必ずレコーダーが必要になります。また、マイクが内蔵されていないタイプもあるのでご注意ください。

  簡易ダミーヘッドタイプ

ASMRを録音するためのマイクとしては「ダミーヘッド」が最高峰なのですが、使用しているASMRtistはあまり多くありません。

理由はきっとこの3つです。

  • 単純にお値段が高い
  • 大きくて持ち運びしにくい
  • 見た目が不気味でちょっと怖い

この3つのデメリットを解消したのが「簡易ダミーヘッドタイプ」です。ASMRtistが使っているマイクもこのタイプが圧倒的に多いです。

有名なASMRtistも使っているタイプを3つご紹介します。

3Dio Free Space

free_apace

ケンタ

あっ!このマイクみたことある!

セリカ

多くのASMRtistが使っているマイクだからね。

「Free Space(フリースペース)」はアメリカのバイノーラルマイク専門メーカー「3Dio」の製品です。

「3Dio」は、ミュージシャンでありエンジニアのJeffrey Andersonが、2013年に創業したベンチャー企業です。

ジェフリーは、バイノーラルオーディオをダミーヘッドなしで録音できるようにしたいと考えました。

試行錯誤を重ねた結果、「ダミーヘッドの頭部を外しても、ある面積の円盤を疑似耳の周りに置けば、両耳の聴こえを再現できる」という理論を導き出しました。そして、2012年にジェフのガレージで最初の「Free Space」誕生しました。

高価なダミーヘッドタイプと同等の性能があり、小型でリーズナブルな価格の画期的なバイノーラルマイクです。

「Free Space」には、3つのグレードがあります。

Free Space

free_apace

スペック
製品名 Free Space
特徴 手軽なベーシックタイプ
標準価格(税別) ¥58,000
シリコンラバー擬似耳介 x 2
DPA社製マイクカプセル
バランス型XLR出力
ステレオミニピン出力
内蔵バッテリー
外部ファントム電源対応
オプション ・ グリップハンドル
・ 専用風防
・ 外部機器マウント金具
使用例 ASMR、バイノーラル動画制作
米3Dioのバイノーラル録音用マイク Free Space

Free Space XLR

free_apaceXLR

スペック
製品名 Free Space XLR
特徴 スタンダードタイプ
標準価格(税別) ¥88,000
シリコンラバー擬似耳介 x 2
DPA社製マイクカプセル
バランス型XLR出力 〇 x 2
ステレオミニピン出力
内蔵バッテリー
外部ファントム電源対応
オプション ・ グリップハンドル
・ 専用風防
・ 外部機器マウント金具
使用例 ASMR、バイノーラル動画制作
米3Dioのバイノーラル録音用マイク Free Space XLR

Free Space ProⅡ

free_Space_Pro

スペック
製品名 Free Space ProⅡ
特徴 プロ用ハイエンドタイプ
標準価格(税別) ¥275,000
シリコンラバー擬似耳介 x 2
DPA社製マイクカプセル
バランス型XLR出力 〇 x 2
ステレオミニピン出力
内蔵バッテリー
外部ファントム電源対応
オプション ・ グリップハンドル
・ 専用風防
・ 外部機器マウント金具
使用例 ASMR、スタジオ録音、アウトドア録音
米3Dio バイノーラル録音用マイク Free Space Pro Ⅱ

「Free Space」を使用した有名なASMRtistの動画をご紹介します。

 

 

 

日本に総輸入代理店もありますので、比較的手に入れやすいというメリットもあり、本格的にASMR動画を撮りたい人に、断然オススメのマイクです。

AWI SR3D

sr3d

「SR3D」はイギリスのバイノーラルマイク専門のベンチャー企業「AWI (Audio with intelligence) 」の製品です。

ASMR界では「AWI」は「3Dio」と並ぶメジャーなメーカーです。

ケンタ

形も「Free Space」に似てるね!

お値段はXLR出力端子がついているモデルでも¥50,000~¥60,000前後なので、「Free SpaceXLR」と比べると結構安いですよね。

細かい部分で性能の差があると思いますが、聴く側としては正直言ってそこまで差は感じません。

個人的にはコンパクトで、本体が白くてロゴがピンポイントで赤ってのが可愛くていいなぁと思います。

3DioとSR3Dを比べたASMR動画がYouTubeにアップされていました。

 

日本で有名なASMRtist「hatomugi」さんも使ってます。

 

注意
簡易ダミーヘッドマイクで録音するには、必ずレコーダーが必要になりますのでご注意ください。

  まとめ

いかがでしたか?

あなたも、バイノーラルマイクでASMRデビューしてみてはいかがですか?

最後に、TwitterでASMR関連の最新情報のお届けしていますので、もしよければフォローしてくれると嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。