ASMR系YouTuberが録音に使ってるオススメなレコーダーまとめてみた!

icatch0031

ケンタ

ASMR録音用のレコーダーを買いたいけど、ASMR用なんてどこにも書いてないからどれを買ったらいいのかわからない。オススメのレコーダーってある?

セリカ

こんな質問に答えます!
記事のテーマ
ASMR系YouTuberが録音に使ってるオススメなレコーダーまとめてみた!

ひと口にレコーダーと言っても色々と種類がありますが、有名なASMRtistたちが使っているレコーダーのほとんどは「リニアPCMレコーダー」と言われるタイプなので、今回はリニアPCMレコーダー限定でご紹介します。

  リニアPCMレコーダーとは

あれこれと機種を選ぶ前に、有名なASMRtistたちが使っている「リニアPCMレコーダー」とは何なのかを知っておく必要があります。

ケンタ

ICレコーダーとなんか違うの?

確かにレコーダーと言うと、会議や商談などを録音する「ICレコーダー(ボイスレコーダー)」を思い浮かべる人が多いと思うんですけれど、「リニアPCMレコーダー」と「ICレコーダー」の圧倒的な違いは、「音質」です。

レコーダーは、端的に言えばアナログな音をデジタルデータに変換する機器ですが、「リニアPCMレコーダー」と「ICレコーダー」はデジタルデータに変換する方式が全く違います。

一般的なICレコーダーの録音形式は「MP3」や「WMA」ですが、これは音を圧縮してデータ化しているので音質が劣化してしまいます。

これに対して「リニアPCMレコーダー」は、音が圧縮されません

つまり、データ化による音質の劣化が少なく、原音に忠実に録音できるのが「リニアPCMレコーダー」というわけ。

ちなみに「iPhone」の音声ファイルの形式は「m4a」で、これは圧縮形式なのですが、「可逆圧縮方式」「ロスレス圧縮」とも言われていて、音が全く劣化しないそうです

ケンタ

さすがAppleだな!

おそらくデジタルカメラ市場がiPhoneによって駆逐されたのと同じ現象が、近い将来レーコーダー市場でも起きるのではないかと思ってます。いや、もう既に起きてるのかも知れませんね・・・

ICレコーダーの主要メーカーは「ZOOM」「TASCAM」「SONY」「OLYMPUS」「Panasonic」などがありますが、ASMRtistたちが好んで使っているメーカーは主に下記の2社です。

TASCAM

TASCAM(タスカム)は、日本の音響機器メーカーである「ティアック株式会社」が持つ音響機器ブランドです。1971年に誕生した老舗ブランドで、世界中のミュージシャンに愛用されています。

ZOOM

ZOOM(ズーム)は、1983年設立の日本の音響機器メーカーです。2006年からハンディレコーダー市場に参入し、現在ではイタリア、アメリカ、イギリス、香港、中国に関連会社があります。ビデオ会議システムのZOOMは全くの別会社。

それでは前置きはこれくらいにして、ASMRの録音に最適な「リニアPCMレコーダー」でオススメの機種をご紹介していきます。

  手軽にASMRを始めたい人向け TASCAM DR-05X

dr-05x

高性能でありながらリーズナブルな価格で、世界中のASMRtistたちが愛用していると言われているのが、TASCAMの「DRシリーズ」です。その中でもエントリーモデルである「DR-05X」はこれからASMRを録音してみたいという人にはぴったりのレコーダーです。

とてもコンパクトで持ち運びに便利なことに加え、操作しやすい日本語メニューだから初心者にも安心です。

旧「DR-05」はロングセラーの定番レコーダーでしたが、2019年2月に発売された後継機「DR-05X」はUSBオーディオインターフェースが追加されました。USBでPCやスマートフォンと接続すれば、ライブ配信なども可能になります。

左右に2つのマイクも備えていますので、すぐにでも録音が可能です。

「DR-05X」のお値段は¥12,000前後です。

TASCAM ICレコーダー DR-05X (DR05X)

みたらし団子の咀嚼音(旧DR-05) チャンネル:erina ASMR

  色んなトリガーに挑戦したい人向け TASCAM DR-07X

dr-07x

「DR-07X」は「DR-05X」の上位機種で、可動型マイクを搭載しています。

dr-07x_ab_xy

マイクを左右に広げた状態のA-B方式は、大人数の合唱を録音したい場合など、広がりのある音を録音したい場合に使います。

マイクを折り畳んだ状態のX-Y方式は、アコースティックギターのデュオを録音したい場合など、中抜けしにくい録音が可能です。

ASMRだと、耳かきやロールプレイなど左と右で違う音を出して臨場感を演出したい場合はA-B方式、咀嚼音やスライムなど正面の音をより鮮明に聴かせたい場合はX-Y方式というように、トリガーによってポジションを変更すれば、狙い通りの音を録音することが可能です。

「DR-07X」のお値段は¥15,000前後です。

TASCAM DR-07X

X-Y方式とA-B方式の両方で録音した動画です。(旧DR-07 MKⅡ) チャンネル:DonnaASMR

  プロ並みの録音をしたい人向け TASCAM DR-40X

dr-40x

「DR-07X」と同じA/B、X/Y方式切り替え可能なマイクを備えていることに加え、XLR/TRS入力を搭載しています。

dr-40x

「DR-40X」は内蔵のマイクを使っても良いのですが、より高性能な「コンデンサーマイク」を接続することができる「XLR端子」を搭載しています。

dr-40x_mic

コンデンサーマイクとは「音の振動を電圧の変化に変換」するマイクのことで、従来のマイクよりも感度が高く、比較的高価なものです。高いクオリティーを求めるASMRtistたちは、レコーダーにコンデンサーマイクを接続して録音している人が多いです。

「DR-40X」のお値段は¥20,000前後です。

TASCAM ICレコーダー DR-40X [ハイレゾ対応]

色々なトリガー詰め合わせ(旧DR-40) チャンネル:hatomugi ASMR

 

  プロ並みの録音をしたい人向け2 ZOOM H4n Pro 

zoomh4npro

海外のASMRtistに最も人気があるのがZOOMの「H4n」です。特徴はUSBオーディオ・インターフェースを備え、4チャンネル同時録音が可能で、機能的にはTASCAMのDR-40Xに近いです。

日本人はTASCAMユーザーが多い印象ですが、使い方は一度覚えてしまえばどのメーカーもさほど変わりませんので、あとは好みの問題だと思います。

「Zoom H4n Pro」のお値段は¥23,000前後。

ZOOM ズーム H4nPro

韓国の人気イケメンASMRtistの耳かき(H4n Pro)  チャンネル:Babzi ASMR

  シチュエーションに合わせた音に拘りたい人は ZOOM H5

zoom_h5

「Zoom H5」の最大の特徴はシーンに応じて最適なマイクを選べるZOOM独自の「マイクカプセル交換システム」です。

なんと・・・多彩なシチュエーションに合わせてレコーダー上部のマイクが交換できるんですよ。

mic_option

動画投稿も100件を超えてくると、ネタ切れやマンネリ化が問題になりますが、このマイクならその心配はなさそうですね。

「Zoom H5」のお値段は¥30,000前後です。

ZOOM/ズーム H5 ハンディーレコーダー

ネイルタッピングやブラッシング。(H5 + XYH-5)    チャンネル:Caroline ASMR

  完全プロ仕様の機器で録音を極めたいなら ZOOM H6

zoom_h6

「Zoom H6」はH5と同じ「マイクカプセル交換システム」が搭載されています。更に6チャンネルの同時録音が可能です。

大規模なライブやプロのミュージシャンがレコーディングに使ったりするレベルなので、ASMRにこれほどのスペックが必要かと言われたら、正直言って必要ないのですが、音をいくつも重ねたりして、誰よりも凝ったASMRで視聴者を驚かせたいならアリかも知れませんね!

「Zoom H6」のお値段は¥40,000前後です。

ZOOM H6 Handy Recorder ハンディーレコーダー

トリガー集(H6 + XYH-5) チャンネル:PASMO peace project

 

スクラッチングやブラッシング(H6 + SSH-6) チャンネル:BABY ASMR

 まとめ

いかがでしたか?

YouTubeには各機種のマイクのレビューがたくさん投稿されていますので、購入する前に是非チェックしてみてください。

最後に、TwitterでASMR関連の最新情報のお届けしていますので、もしよければフォローしてくれると嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。